この記事を読むのにかかる平均時間: 257

関西の方には特におなじみのヒガシマルですが、似たような名前で2種類の白だしが発売されているのをご存知でしょうか。

写真左側が【京風割烹白だし】、右側が【割烹関西白だしつゆ】。

公式サイトを見ても詳しい違いの表記などは無く、つゆという表記はあるもののどちらも「白だし」と大きく書かれており明確な違いが今ひとつわかりません。

今まで京風割烹白だしを常用していましたが、今回は試しに割烹関西白だしつゆを購入してみたので違いについてレポートしてみたいと思います。

 

 

原材料・メーカーの説明による違い

京風割烹白だし

だし原料は国産を使用。鰹節・昆布・うさめ節(うるめ節・さば節・めじか節)のだしを本醸造淡口しょうゆで淡い色に仕上げました。お吸物、だし巻き玉子、おせち料理など、素材の色や持ち味を生かした、彩り美しい料理がうすめるだけで手軽につくれます。また、白だしを仕上げに少し加えるだけで、煮物などの料理がより一層おいしく仕上がります。

【原材料】

しょうゆ(本醸造)、食塩、砂糖、たん白加水分解物、ふし(かつおぶし、さばぶし、うるめぶし、むろあじぶし、宗田かつおぶし、かつお削りぶし)、かつおぶしエキス、醸造酢、さばエキス、みりん、魚醤(魚介類)、酵母エキス、こんぶエキス、こんぶ/調味料(アミノ酸等)、アルコール、(一部に小麦・さば・大豆・魚醤(魚介類)を含む)

割烹関西白だしつゆ

最高級の丸大豆淡口しょうゆとみりんに、鰹節、真昆布、しいたけのうま味をきかせ、色淡く仕上げた関西風白だしです。高濃縮タイプなので、薄めるだけで本格的な割烹の味が楽しめます。

【原材料】

しょうゆ(本醸造)、たん白加水分解物、食塩、砂糖、ふし(かつおぶし、いわしぶし、さばぶし、むろあじぶし)、みりん、かつおぶしエキス、さばエキス、醸造酢、酵母エキス、こんぶ、しいたけエキス/調味料(アミノ酸等)、アルコール、(一部に小麦・さば・大豆を含む)

 

この説明文だけを見ると、割烹関西の方が京風の方がいわゆる白だしっぽい用途が書かれているのに対し割烹関西はいわゆる「めんつゆ」に近いんじゃないかなという印象を個人的には受けました。

 

2つの見た目の違い

なにはともあれ、まずは見た目。どちらも淡口しょうゆを使用していますが、実際に白い皿へ出してみるとほとんど差は無い物の「割烹関西」の方が若干色が濃いような感じです。

 

実際に味見してみると…

次に肝心の味ですが、これは明らかに違いました。

京風割烹は「だし」のうまみが感じられるのに対して、割烹関西は醤油の味が強いのか塩分が強めの「めんつゆ」寄りな感じ。これは単に高濃縮だから味が濃くなっているだけかもしれません。

 

【京風割烹白だし】を5倍に水で希釈して手元にあった塩分計で図ってみると約1.3%

 

同じ事を【割烹関西白だしつゆ】で行うと

1.5%が【点滅】。この場合は1.5%以上という事なので、同じ分量だと割烹関西白だしつゆの方が塩分濃度が高いという事に。

 

 

あくまで個人的な好みですが、料理に使うなら京風割烹白だしの方が「だし」の味を感じられるので良いかなという印象でした。

京風割烹白だし】と【割烹関西白だしつゆ】ぜひお試しください。

 

 

こんな記事もいかがですか

https://www.kansaicook.jp/wp-content/uploads/2017/03/9e6720c1401d53edc1914323ccef02b9.jpghttps://www.kansaicook.jp/wp-content/uploads/2017/03/9e6720c1401d53edc1914323ccef02b9-150x150.jpg食育管理人料理・食育ヒガシマル,比較,白だし,違い関西の方には特におなじみのヒガシマルですが、似たような名前で2種類の白だしが発売されているのをご存知でしょうか。 写真左側が【京風割烹白だし】、右側が【割烹関西白だしつゆ】。 公式サイトを見ても詳しい違いの表記などは無く、つゆという表記はあるもののどちらも「白だし」と大きく書かれており明確な違いが今ひとつわかりません。 今まで京風割烹白だしを常用していましたが、今回は試しに割烹関西白だしつゆを購入してみたので違いについてレポートしてみたいと思います...関西の食育デザイナーによる食育ブログ