関西食育デザイン

関西の食育デザイナーによる技術ブログ

図で解説するソーセージ・ウインナー・フランクフルトの使い分けと違い

子供も大好きなソーセージ、タコの形に飾り切りしたウインナー、お祭りと言えばフランクフルト!あれ?これらはどのように使い分けたら良いのでしょうか?太さ?非常にシンプルな物ですので図を使ってご紹介します。

それぞれの違い

ソーセージとは腸詰にした食品全般を指す物で、「フランクフルト」「ウインナー」「魚肉」などこれらを総称して「ソーセージ」と呼びます。なので、お祭りでフランクフルト屋台を見つけた時、ソーセージ屋さんだ!と言っても間違いではないのです。

フランクフルトとウインナーの違い

上の図で魚肉やドライなどは何となく違いが分かると思いますが、「フランクフルト」と「ウインナー」「ボロニア」はどう違うのでしょうか。これも非常にシンプルです。

太さ
ウインナー 20mm未満
フランクフルト 20mm~36mm未満
ボロニア 36mm以上