関西食育デザイン

関西の食育デザイナーによる技術ブログ

「大根」を新鮮なまま保存する方法&冷凍保存する時の注意

丸ごと一本買ってついつい余りがちな大根ですが、上手に保存する事によって冷蔵でも1週間程はみずみずしく2週間近く持たせる事もできます。それに加え、大根は冷凍保存ができる野菜ですので使い切れなかった分は冷凍してしまうのもオススメ

冷蔵庫・野菜室で保存する方法

大根を買ってきたらまずは葉っぱと根の間を切り離すようにしましょう。

大根は葉っぱが付いたままだと根の栄養を使って葉っぱが成長しようとしてしまいます。そうするとせっかくの大根も食感が悪くなってしまうので葉っぱと根を切り離す事で栄養が葉っぱの方へ行ってしまう事を防げます。

切り離した大根は「ラップ」でしっかりと包んで空気に触れさせないようにした上で冷蔵庫・野菜室に入れる事で長持ちさせる事ができます。

冷凍保存する方法

大根は冷凍する事ができますが、皮はむいた上で調理に使いやすい大きさ形に切ってから冷凍し、凍ったままの状態で調理に使用します。

大根おろしとして使いたい場合は生の大根を事前にすりおろした物を冷凍し、使う分だけ解凍します。解凍後にすりおろすのはちょっと難しいのでご注意ください。