関西食育デザイン

関西の食育デザイナーによる技術ブログ

「厚揚げ」「生揚げ」「絹揚げ」本当の違い

「厚揚げ」と「生揚げ」の違い

おでんなどでよく見かける厚揚げですが、「生揚げ」とも呼ばれており、どちらも木綿豆腐を水切りしてから180℃~200℃の高温で揚げた同じ物を指します。

ネット上の記事で関西では「厚揚げ」、関東では「生揚げ」と呼ばれる事が多いというような事をちらほら見ましたが、個人的に周辺の人を見ていると、どうも一概にそうとも言えない感じがします。

これについては「もず0017さん」がブログで検証されていたので、リンクを張らせて頂きます。 http://plaza.rakuten.co.jp/mozu0017/diary/201110130001/

楽天などで「生揚げ」「厚揚げ」両方を検索してみると生揚げの方が柔らかさやふんわり感を感じさせる商品が多い印象です。 楽天で「厚揚げ」の検索結果を見る

楽天の「生揚げ」の検索結果を見る

 

じゃあ絹揚げとは

厚揚げと生揚げがぼんやりとした違いだったのに対し、絹揚げは前者二つと明確な違いがあり、厚揚げ(生揚げ)は木綿豆腐を使うのに対し、絹ごし豆腐を使った物を「絹揚げ」と呼びます。

木綿豆腐で作る厚揚げより中がトロトロで崩れやすい為、おでんや煮込み料理にはあまり向きませんので、そのまま温めて生姜醤油で食べたりします。